News ニュースニュース

晩翠画廊-5月ー

2021/5/1

平素より、東洋ワークグループに格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
東洋ワークグループである晩翠画廊は、1997年11月20日に開廊し、今年で23周年を迎える歴史ある画廊です。晩翠画廊は仙台という土地にあり、宮城・東北の作家を中心に絵画・彫刻・工芸などの作品展示を企画しております。画廊は街の中の「小さな美術館」です。美術館との違いは「作品を近くから観ることができる」「手に取って観ることができる」「購入して自分の空間に持ち帰ることができる」ことです。お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。

[EXHIBITION]

 

5/11(火)〜5/16(日)  11:00〜19:00 最終日〜17:00

「佐々木洋子 作品展 ~transit~(とらんじっと)」

2 年ぶりの作品展は、世の中の状況下で” 旅” が泡となり当初予定のテーマもふりだしと。
それでもこれは次の目的地への” トランジット~乗り継ぎ” 中と前向きに軌道修正。
なつかしい場所への再会と、いまだからこその想いをこめて新たに描いた作品たちです。
日々創作の日常の何気ない作品と共に楽しんでいただければと思います。
― 佐々木 洋子 ―

掲載作品: 佐々木洋子「翔べ~ニケの像~」

 

5/18(火)〜5/23(日)  11:00〜19:00 最終日〜17:00

「Art Rendezvous Vol.2 (アートランデヴーVol.2)」

ーー出会い、そしてドッキングーー
日本画・洋画の2回目の展覧会を行います。
それぞれに仕事を持ちながら、表現し続けるふたりの女性絵画展。伝統的絵画表現にこだわりを
持ちつつ、しなやかに現代を描く姿をぜひご高覧いただければと思います。

前川裕子「猫 ディスタンス」


熊谷理慧古「厨もの・秋の果実」

 

5/25(火)~5/30日(日)11:00〜19:00 最終日〜17:00

「中村由起子 個展 -祈りの日記-」

この度 晩翠画廊では 4回目となる個展「中村由起子 🌱祈りの日記🌱」を開催させて頂きます
昨年 大切な家族の大病 そして手術が このコロナ渦と重なり
20年制作している銅版画のテーマは 自然に私の中では「祈り」になりました
大切な人を助けてあげたい時 寄り添って人事を尽くしたい 。。
でも 今は それが充分に出来ない状況です
特に宗教を持たない私ですが 愛する人達を思い 祈りの気持ちを銅版画に刻む。。
それが 精一杯の事でした
また 長い自宅生活で 「アマビエさま」を家族の為に編み始めた事がひとつの機会となり
今 編み物が 私のライフワークとなりつつあります
私は 日々 「編む」と言う行為を繰り返しながら これも ひとつの祈りではないかしら。。。
と この頃 考えています
今回の個展では 編む行為と描く行為を融合させた作品も出品いたします
身近にいつも寄り添ってくれる 小さな草花や 虫達も また この度も作品に登場いたします
ともに 皆様にお会いできます事を楽しみにしております
― 中村 由起子 ―

掲載作品:中村由起子

作品①「Journal de priere」-祈りの日記- 銅版画 雁皮刷り

 

展示情報は画廊Facebookからもご覧いただけます

-5月の展示-

5月 11日(火)― 5月16日(日)  佐々木洋子 作品展 ~transit~(とらんじっと)
5月18日(火)― 5月20日(日)  Art Rendezvous Vol.2 (アートランデヴーVol.2)
5月25日(火)― 4月30日(日) 中村由起子 個展 -祈りの日記-

|晩翠画廊|
〒980-0803 仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台第2協立ビル1F
TEL:022-713-6234 FAX:022-713-6252
https://www.bansui-gallery.com

// 次の記事がある場合にリンクを表示 一覧へ戻る // 前の記事がある場合にリンクを表示